2015年10月24日

2015高山ワークショップ第1回!

皆様お久しぶりです。なんとまぁ昨年12月ぶりの武井です。
月日の流れは速いですねぇ。
2週間なんてあっという間なのも頷けますねぇ………すみません!今回の記事は2週間前に行われた高山ワークショップ第1回のものです。
ε三ヽ__〇ノ… _1 ̄1○ 申し訳ないっ

さて、今回のワークショップでは計4班を2つに分け、科学実験としてホバーディスクを作る2つの班と3DCADを体験する2つの班でそれぞれ活動を行いました。
高山ワークショップでは毎年科学実験を取り入れていますが、これまではヒコーキや空気砲を作り、今回はホバーディスクを作り、と実は年による内容の変化が最も大きいトピックです。
高山市の小学生を対象にしたワークショップが始まってから今年で4年目となり、ある程度内容が固まってきた面もある中で、このような毎年変化する部分の存在は僕らスタッフにとってもマンネリに陥らないための良い刺激となっているように思います。
スタッフで試行錯誤しながら試作を行い、出来たホバーディスクを使うゲームを考え、ゲームのルールを決め、と準備を重ねたのですが、果たして当日子供たちが楽しんでくれるだろうかというドキドキは毎年同じように感じます。

ドキドキと言えば、僕は今年初めて保護者の方の前で科学実験の内容をご紹介するという役割を担いました。子供たちには説明しない、ホバーディスクがなぜ浮かんで動くのかという原理的な背景をご紹介し、また、保護者の方にも実際にホバーディスクを制作して頂きました。
これを行った理由としては、子供たちが高山ワークショップでする体験を土曜午前の3時間だけに留めるのではなく、なるべく広がりを持たせたいという僕らの願いがあります。
帰宅後に、どうしてこれは動くのだろうという疑問を口にすることがあった時には、保護者の方が簡単に説明をして、子供たちの中で体験と知識が繋がったら良いなと思います。
あるいは、保護者の方も実際にホバーディスクの制作を体験したことで、子供たちが話すワークショップの様子がより具体的に思い浮かび、会話が弾む後押しになれば良いなと思います。
ワークショップ会場での3時間の体験が、子供たちにとってより大きな意味を持てば、「ひとづくり」も活動理念に掲げるものラボとしては嬉しい限りです。
実際のところ、僕の拙い説明でこのような目的の達成にどこまで貢献できたかは甚だ心許ないのですが、ほんの僅かでも役に立てていればいいなとを思っています。

僕が次に参加するのは第3回。
なんでもこの頃は紅葉が見頃だとかいうので実はそちらもちょっと楽しみにしています(^^)

それではまた〜


武井

posted by ものラボ at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 武井 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月04日

ものラボワークショップ in 高山(2015秋冬)

お久しぶりです。
宮田です。

このところ更新がとまっておりましたが、ものラボの活動は続いております。

そして、今年もやります。
「ものラボワークショップ in 高山」
※例年通り、高山市の小学校でのみ参加者を募集しております。あらかじめご了承ください。


チラシも完成しました。できたてほやほやです。

2015takayama_omote.png
2015takayama_ura.png

ホバーディスク、3Dプリンター、ピタゴラ装置、センサー(電子工作)・・・
今年も気づいたら盛りだくさんになってしまいました(笑)
一見、様々なものづくりをとにかく詰め込んだように見えますが(まあそれは否定できないのですが…)、どの講座も共通して、「ものを作る」というのはどういうことなのか、というシンプルな問いのもとで構成されています(きっと)。
そしてこの「ものを作る」といったとき、道具を使って素材を加工していくといった物理的な操作だけでなく、周りの人と共同で分担・協力しながら構想を具現化していくという過程にも重点を置いています。

実のところ、ものづくりそのものとしては、それほど高度なことはしませんし、何よりもスタッフの「ものづくり力」もまだまだ足りていません。
いわゆる「理系」的な技術勝負をするのではなく(※もちろん理系が常に技術勝負というわけでは全くありません、念のため)、むしろ、ものづくりという行為自体やその社会的位置づけへの問い直しのきっかけを与える場を提供できないかと模索中です。
そしてそれは、工学系ではなく教育学・人文学の分野から生まれ、こうして多くの方の協力を得ながら継続的に活動を続けているものラボだからこそできるのではないかと思います。
「文系」の学問の意義が良くも悪くも問われている今、ものラボでできること、そしてものラボでしかできないことはなんだろう、ということを常に問いながら、プログラムを進めていくつもりです。

それでは皆さんと一緒にものづくりできる日を楽しみにしています。


宮田

posted by ものラボ at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 宮田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月29日

"予想外"の楽しさ

いやはや、もうすぐ来年ですか。早いですね。
今年はSTAP騒動やらナッツリターン問題やらでガヤガヤした年末でしたね。
来年の今頃は狩野英孝の今更な流行語大賞受賞(「スタッフぅ〜」騒動)やらダンディ坂野のバラエティ再ブレイク(ゲッツリターン問題)やらで楽しくガヤガヤしてると良いですね。
…って言いたいだけ〜。それだけ〜。
武井です。

さて、各スタッフが高山WSを振り返って記事を書くというリレー企画も私で最後となりました。
いちお、お題は第5回の内容なんですが、アレがアレする程の佐々木さんが「書き足すことはない」と言っているのに便乗し、僕も堂々とお題から脱線したいと思います(笑)

今年の高山WSを終えた今、僕が強く感じているのは、「"予想外"はとても楽しい」ということです。

高山WSが開始されてからのこの3年のプログラムの内容を振り返ると、1年目と2年目では大きく変化し、去年と今年は比較的共通点の多かったことがわかります。
もちろん毎年準備に時間と労力を費やし、その時の僕たちに出来る最高のプログラムを提供することを目指しています。今年の内容が去年と似ているのは、昨年度のプログラムが参加者の方にもスタッフにも好評だったことによるものです。

ただ、その結果として、今年はある意味で安全な道を歩くことになったのは否めません。
正直に言えば、「今年はスタッフとして最もやり易い年になるのでは」という考えも少しありました。

しかし、実際はそんなことはありませんでした。感覚的には、スタッフを務めた苦労は昨年度とほぼ変わりませんでした。
これは何故かと考えた時、理由は幾つか思いつきます。例えば、昨年度の反省を受けて修正した点があったこともその一つでしょう。
けれども、僕が最も納得がいく答えは、つまるところ「人間だから」というものです。

高山WSの参加者は市内の小学生たちで、当然のことながら彼らは人間です。そして、人間の反応や行動は実に予想外に満ちているものだと改めて思います。
用意したプログラムのどこにどんなふうに反応するか 、こちらもある程度予想をつけてはいますが、実際に子供たちはその通りに応答するとは限りません。個人によって異なるので、プログラム内容が昨年度と似ていても参加者が違えばほとんど1からやり直しているのに近い感覚です。なんなら同じ子供でも2週間経てば変わっていたりします。
そして、高山WSではそういった"予想外"をなるべく大事にしようと心掛けているために、決してやり易さなんて感じなかったのだと思います。

このように書くとまるで愚痴のように見えるかもしれませんが、上で述べたように僕の感想は真逆です。
人と人とが関わる場に生まれた"予想外"ほど面白いものはないとすら思います。
もし仮にこちらの予想通り子供たちが反応していたら、プログラムは滞りなく進んだとしても、きっとある種の物足りなさを感じたような気がします。

そして、この楽しさを子供たちもまた感じてくれていたら良いなと思います。
年齢の近い他の参加者やちょっと年上の高校生、さらに年上の学生スタッフ、さらに年上のメンターの方々と触れ合う中で、自分が思ってもみなかった反応を返してくる人間と関わることの面白さに気付いてくれたら、"ものづくり"と並ぶものラボの活動の柱である"ひとづくり"が達成出来たのではないでしょうか。

毎年毎年新鮮な"予想外"に出会える。そのことが、僕がこの高山WSに感じている大きな魅力の1つです。


最後になりますが、今年度の高山WSも多くの関係者の皆様のご支援ご協力を頂きました。感謝申し上げます。

それでは、来年が皆様にとって良い年になることをお祈りしています☆


武井
posted by ものラボ at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 武井 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。