2015年11月18日

高山ワークショップ2015第3回

ものラボスタッフの矢田です。
今年も10月から始まっている高山ワークショップに関わるのも、これで2年目になります。
去る11月7日、2015年度高山ワークショップの第3回が開催されました。
今回は昨年度と異なり、第3回目からピタゴラ装置の製作を始めるプログラムになりました。
昨年よりも密度を濃くして提供していく形になります。

さて、例年ピタゴラ装置製作を始めるにあたっては、そもそもピタゴラとはどんなものかを簡単にスライド+動画で紹介しています。
本家ピタゴラスイッチの動画をお手本としつつ、ピタゴラを動かす原理となっている「エネルギー」を学びます。
本家ピタゴラスイッチにはかなり高度なテクニックも使われてはいるのですが、これから子供たちといっしょに作っていくにあたって着目するのは位置・運動・磁性・弾性の4種類のエネルギーです。

とくに基本となるのは「位置・運動エネルギー」で、この2種は不可分の関係にあります。
要は上から下へと落としていく、という動きです。
高いところから落とすほど強い運動エネルギーに変換され、球が速く運動する。
ピタゴラらしく程よいテンポで動かすためにはどんな傾斜がよいのか、あるいは次の仕掛けを動かすためにはどれくらいの速さでどんな質量の球がぶつかればよいかといったことが関わってきます。
しかしこれだけでは「ピタゴラ装置」にするにあたって単調なものになってしまうので、使い勝手のよい2つの工夫を導入します。
それが磁性・弾性エネルギー、すなわち磁石とバネ(ゴム)の持っているエネルギーです。
磁石で金属球を加速したり、金属片を持ち上げたりすること、あるいは伸ばしたゴムを重りで支えておき、何かの衝撃で重りを解放することなどの工夫が可能になります。
これによってひとひねり効いたピタゴラ装置になっていきます。
では磁石はつなげればつなげるほど磁力を増すのか、ゴムやバネは伸ばせば伸ばすほど弾性力を増すのか。
そうして蓄えた力は次の仕掛けを動かすに足るエネルギーなのかどうか。
そうしたことを今日、子供たちは肌身で手を動かしながら学んだことと思います。

こうした物理感覚は今、すごく養いにくくなってしまっています。
騒音や破損事故を恐れて遊びにくくなった公園、子供たちだけで外出させにくい治安などが前々から言われてきたことですが、近年はこれに「スマートフォンの普及」というものが加わり、劇的に子供を自然界から引き離している状況です。
極端な例を挙げますが、タブレットを触って遊んでいるアメリカの幼児が、ある日初めて紙の雑誌を手渡されたときに一生懸命「ピンチ(2本指を開く・閉じる)」していたのだそうです。
雑誌の写真がズームすることを期待したのでしょう。
もちろんこの子に継続的に紙の雑誌や本を与えていけば自然とタブレットと紙の違いは分かっていくでしょうが、あまり笑えない話です。
木はどれくらい硬いのか、この傾斜では球はどんな速度になるのか、セロテープは固定にどれくらい役に立ち、いつダメになってしまうのか。
そんな感覚を実際に経験する機会は実はいま日本の家庭で減ってきてしまっているのではないかということを危惧します。
この野性味じみた感覚ばっかりは、中学高校で物理や化学を机上にて習ったところで身につくことはありません。

彼ら子供たちは、映像や見本(事前にスタッフで作成)で見たピタゴラ装置を自分の手で作ってみると、全然その完成度には届かないことを知ったでしょう。
今日、子供たちは、僕たちが「微調整」と呼ぶその泥臭い作業を通じて柔軟に製作物を対応させていきました。
この過程は、きっといつか学校で習うであろう物理で無視されてしまう様々な力(摩擦とか空気抵抗とか湿度とかいったもの)の存在を当たり前に想起できるようになるために決して欠かせない経験だと僕は思っています。
そして学校で習った自然界の性質と、目の前の現象とがいつか机の上を飛び越えてリンクする日が来るでしょう。
今まだ習わない自然界の性質があることにも気づくことがあるでしょう。
ピタゴラ製作を「ミクロ」に見ていくと、そんな意義があります。

そして絶対に欠かせないもう一つの意義、ピタゴラ製作の「マクロ」な側面として、「協働」があります。
今年のワークショップ第3回では、ピタゴラ製作を始めるにあたって、6名一班の中でさらに「2人一組」になってもらいました。
その1組ごとに「ミニ装置」を作っていくのです。
今の時代は本当に便利になり、たった一人でもものづくりがしやすくなりました。
設計・デザイン・発注の全工程を簡単にする無料のツールなどいくらでもあります。
しかし、そんな時代においてたった一人ですごいものを作っている人はごく少数で、そしてたった一人ですごいものが作れる人でさえも、あえて一人ではものを作っていないことが多いです。
なぜならそれは、チームワークやコラボレーションによって「もっと良い」ものづくりが出来るからです。
クリエイティビティ、イノベーションの代名詞になりつつある「スティーブ・ジョブズ」は唯一のリーダーとして半ば強引にAppleを牽引していったかのように思われていますが、実際は彼のアイディアを形にする段階で、彼の配下にいた類い稀なる個性からなるチームの協働があってこそでした。
チームメンバーのそれぞれの才能と個性を活かしながらさらなる高みを目指すのが「ものづくり」の基本形と言って良いでしょう。
私たちはこの、誤解された個人主義の蔓延する今日の社会では見失われさえしてしまう「事実」を、たとえなんとなく、明示的にではなくとも分かってもらえたらと思いました。

そこで今日、第2回までの班を一新し、新しい班でものづくりを再スタートすることとなりました。
初めて話す人とも協働でものづくりをする、良い経験になったと思います。
もちろんこれがうまくいかず、製作が滞る可能性も心配していましたが、杞憂でした。
彼らは僕が「はい、製作スタートです!」と言った途端にペアで材料カゴのところまで駆けていき、ペアで協力してミニ装置の製作を始めたのです。
あーでもないこーでもないと二人で試行錯誤しながら、手を替え品を替えアイディアを形にしていっている様子は小気味よくさえありました。

さて、次回は各班で作ったミニ装置をつなげて、一つの大きな装置にしていきます。
二人1組のペアを超え、6人一班を意識することになるでしょう。
いまできている別々の装置のスタートとゴールをつなげるとき、お互いのアイディアの共有が必要になるからです。
ここでの協働をサポートし、促していくのが次なるスタッフの使命です。
そして第4回では、班員の個性や得意分野を理解しつつ協力してものづくりをしてもらうもう一つの仕掛けとして、「センサー」の組み込みが待っています。
マイコンを使った電子工作をピタゴラに組み込む実習です。
例年この実習は全員に体験してもらうのですが、こうした分野に高い関心を示す子と、そうでもない子がいます(ここは好き好きです)。
ちょうどセンサーっ子は班に1人二人くらいなので、その子にはセンサーを中心に考えてもらうことで、小さな分業が生まれます。
第3回で体験したのとはまた一味違った仕掛けが「乱入」することで、班員全員の想像力をかきたてる良い刺激になることが期待されます。

今年の子供たちも想像力豊かで、手がよく動いていて素晴らしかったです。
彼らのポテンシャルが一つの製作物として結実するのが楽しみでなりません。
引き続き、今年の高山ワークショップの動向をフォローしてくださいますよう、よろしくお願いします。
posted by ものラボ at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 矢田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月12日

高山WS第5回を終えて

今年新規のスタッフとしてものラボに入り,初めての高山ワークショップが先日終了しました。
新人の矢田から見たその日のことをご報告いたします。

この日,私は初めて保護者のみなさんの前でお話をさせていただきました。
第4回までの子どもたちの様子を親御さんにお見せし,「完成」を迎える子どもたちのピタゴラ装置を見るにあたってそもそもピタゴラ装置とは何かをお伝えするのがその役目でした。

というわけで第4回目までの子どもたちの様子を5分程度の動画にまとめ,朝の9時からお集まりいただいた保護者のみなさまに向けて上映いたしました。
その後,子どもたちに向けては第2回目のワークショップのときに伝えた「”ピタゴラ”ってなんだろう」と題した解説を,保護者のみなさんには少し高度なバージョンに再編集し,お届けしました。

いずれも興味深く見てくださり,新人としてはホッと胸をなでおろしたのでした。

その後,保護者のみなさんは完成間近のピタゴラ装置と,その最終調整に励むお子さんたちのご様子を見学。親御さんの目があると子どもたちの雰囲気も少し変わります。彼らは気づくのです,「このピタゴラ装置は見せるものなんだ…!」ということに。

ものづくり」においてその品質を劇的に変えるのは,それを「発表する」という製作者の自覚ではないでしょうか。世に自らの作品を問い,販売するなどして他者の手に渡すというのは,つくるモノに対する見方に影響を与えます。喜ばせたい,驚かせたい,見惚れてもらいたいといった欲求を刺激します。これくらいでいいかな,と妥協していたところに急に火がついたり,あるいはその逆もあるでしょう。他者の評価軸に作品がさらされるという意識は,その人を他者との関係の中に引きずり込む作用があります。

長いこと,各班のなかでピタゴラ装置の一部を担当する,というかたちでものづくりに励んできた子どもたちは,ここへ来て視野がいっきに高台に立つことになります。それはもしかしたら,このワークショッププログラムのなかでは遅すぎたのかもしれません。自分の班のピタゴラ装置,そして自分の担当について「発表する」のだということに気づいた子どもたちは,それほどあからさまにではないにせよ,態度や姿勢に緊張感が出てきました。よりよいものを作るという気持ちが生まれ,微調整に精を出します。もう少し時間のあるときにこうした意識を感化することができたら,微調整のみならず新たなパーツ制作に取り組む余裕もあったかもしれません。そこは次回のワークショップに向けての反省点の一つでしょう。

発表を間近に迎え,自分の作ったパーツはどこが面白かったか,どこを工夫したか,何が難しかったか,そしてそれに名前を与えるとしたら何か。子どもたちの発表準備のために私達が用意したワークシートに向かって,彼らは頭を悩ませます。

他の班の子どもたちや保護者のみなさんの前で発表したあと,ときに「救いの手」を差し伸べながら,子どもたちはピタゴラ装置を駆動しました。楽しく作ったモノ,それがうまく動く様子,あるいは惜しいところで止まってしまう様子。子どもたちはその体験を通して何を思ったのでしょう。何を感じたのでしょう。

「ものづくり」は一見するとクリエイティビティにあふれたすごい人達の特権に思われるかもしれません。しかし私達は日常を生きるなかで案外「ものづくり」をしていたりするものです。あるいは「ものづくり」に通底した生産的な行為を行っているものです。高山ワークショップではピタゴラ装置という普段あまり作らないタイプのモノを作りますが,子どもたちの将来の血肉になるような,得も言われぬエッセンスがそこにはあったはずなのです。ここではあえて,無数にあろうそれらを言語化しないでおきます。ものをつくるという行為全般を形作ったり,それに付随したりする大事な要素の何かひとつでも――それは子どもたちごとに少しずつ違ったものでしょう――子どもたちがこの高山ワークショップで感じ取り,覚えていてくれたらと願ってやみません。

暗黙的に何かを授けること,その環境を提供すること。教育はどうがんばってもわかりやすく描くことはできないというあまりにも当たり前のことに思いを馳せながら,失われつつある暗黙的なものを授けられるプログラムの一翼を担えたことをうれしく思います。
posted by ものラボ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 矢田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月24日

高山WS2014 第4回!

11/22,高山WSの第4回が行われました。
その模様を矢田がお送りします。

今回は,第2回までに子どもたちが作ったピタゴラ装置の「パーツ」と,第3回に導入があった「センサー」を組み合わせ,各班でピタゴラ「装置」を作っていく,という内容でした。

というわけでテーマは「つなぎ」です。

いままで一人ひとりの子どもたちが作ったパーツは,それ自体で完結しているものの,ちっぽけなものです。しかしそれぞれがいわば「入力」と「出力」を備えていて,個々のパーツはお互いにつなげることができます。そうして大きくしていったものが,本ワークショップでピタゴラ「装置」と呼んでいるものなのです。

多くのパーツは,基本的に上から下へと球(ビー玉や鉄球,スーパーボールも使われます)が転がり落ちていき,その過程で何かの一工夫がされて,パーツの外へと球が転がり出る,という仕組みのものです。

P1020709.JPG


じゃあこれらのパーツをそのままつないでいけばいいかというと,そうは行きません。上から下へと落ちるだけでは,高さが足りなくなってしまうからです。それに,なんだか味気ないですね。そして各班に与えられた領域は,大きめの机。この平面を有効に活用するには,横の動きもうまく取り入れたいところ。

そこで「つなぎ」を実現するために,私達スタッフがサンプルを用意しました。

mihon.JPG

mihon2.JPG


一方,前回扱った「センサー」も取り入れると,さらにつなぎの幅が広がります。今回,センサーは入力と出力をパワーアップ!

sencer.JPG


  • 入力
    • 圧力センサー(前回も導入)
    • 光センサー
    • 距離センサー

  • 出力
    • LED(前回も導入)
    • サーボモーター
    • ブザー


これにより,球が転がって明かりを遮ることによって,モーターが踏切を開ける,といったような仕組みを組み込むことができます。夢が広がりますね。最近の子どもたちはデジタル・ネイティブなだけあって,電子工作の飲み込みが速い。

子どもたちはいろいろなお手本を参考にしながら,自分たちの作ったパーツを他の班員のパーツとどうやったらうまくつなげられるかを思案していました。あまりそれに熱中するので,途中設けられた工場見学の時間が早く切り上げられるほどに。

しかし実際のところは,つなぎというのはとてもむずかしいものです。前のパーツから出てくる球が,うまくつなぎの入り口に入らなかったりするのです。そこらへんを高校生スタッフたちがやさしく手助けしながら,そして私達ものラボスタッフが全体のつながりを吟味しながら,子どもたちが「ものづくり」に熱中する,それが本日の構図でした。

班によって進捗の差があるものの,概ねいいところまで行っているようです。いよいよ次回,ピタゴラ「装置」が完成を迎えます。ご家族のみなさま,お子さんの成し遂げた達成を見届けにいらしてください。


最後にこの日の反省点を。
実はさきほど,子どもたちはものづくりに熱中していた,と書きましたが,一部のお子さんの中には制作に飽きてしまって他の遊びに興じてしまうという場面がありました。彼らのモチベーションをどのように引き出し,面白い装置の制作に取り組んでもらうか,そしてそれを面白いと思ってもらうか(循環的な表現ですが)。それが私達ものラボスタッフおよび高校生スタッフに課せられた今年度最後のミッションになるでしょう。一方で,どうしてもものづくりに興味がわかない子もいます。人間とは「工作する人(ホモ・ファーベル)」だ,と言ったのはフランスの哲学者ベルクソンでしたが,どちらかといえばより本質を突いていると思えるのはオランダの哲学者ホイジンガによる定義:「遊ぶ人(ホモ・ルーデンス)」でしょう。「遊び」と「工作」が一致するかどうかはその人の個性次第です。もしもこのワークショップで,ものづくりを熱中できるほどには面白がれない子どもたちを相手にしたとき,何を伝えられるか。ここにもう一つの課題があります。
ものラボが子どもたちに紹介している3DプリンターやArduinoによる電子工作は,昨今「パーソナル・ファブリケーション」と呼ばれて久しい「だれでも個人レベルで安価にかつ簡単にできるものづくり」の代表例です。近代以前,生産は個人あるいは家族・集落の手にありました。ところが近代以降,生産という業が個人の手から資本家の手へと移譲され,資本家の有する生産工場のもとで個人が労働者として労働力を供給するという構図により,労働者は自らの手で生産する手段を奪われ,既成品の消費による経済の回転を強要された,という見方があります。そうした視座から見ると,「パーソナル・ファブリケーション」は個人が生産をその手に取り戻す時代の到来を意味します。そしてこのような個人レベルでの生産は,インターネットそのもののインフラとしての効果はさることながら,PayPalといった個人レベルでの電子決済システムの普及によって一層浸透していき,今や手作りの製品の販売で生計を立てる人はめずらしくなくなりつつあります。株式の基本理念をネイティブな方向に拡張したクラウドファンディングといった新しい資金獲得手法で,面白いモノが製品化されるのも普通になってきました。
そのようなものづくり社会の到来を前にして,ものづくりそのものやものづくりする人への理解を,たとえものづくりに興味がない人でも持つことは重要です。人となりの見える個人レベルでのモノの売り買いは,そういう温かな理解なくしては心地よくない,ということが想像できるでしょうか。大企業の既成品・サービスに遠慮無く辛辣なクレームを力いっぱい投げつける人たちに欠如しているのはそれで,そして近代以降の大量生産の仕組みがそのような理解を人間から奪ったとはいえないでしょうか。少し前まで,生産のようすは消費者からはよく見えませんでしたが,いまは状況が少し違いますね。
さぁ,残すところあと1回のワークショップ。力を試されているのは子どもたちばかりでなく,私達の側も,ということです。

posted by ものラボ at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 矢田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月25日

高校生ワークショップ in 高山 2014

こんにちは,はじめまして。
今年の7月から新しくものラボのスタッフとして配属された「矢田」です。
どうぞよろしくお願いします。

今日は去る8/19-20に行われた「高校生ワークショップ」のことをお届けします。
これは今年の秋から開催される「ものラボワークショップ in 高山(2014秋冬)」を手伝ってくれる高校生スタッフの一種の研修として実施されました。
今回も高山工業高校の有志のみなさんにご協力いただきます。
前年度のワークショップにも参加してくれた2名を含めた全9名が今年の高校生スタッフです。

19日。和井田製作所にて朝9時からスタートしました。まずは顔合わせも兼ねて各自自己紹介。その後「"ピタゴラ"ってなんだろう」と題してピタゴラ装置とは何か,そしてどんな仕組みで動いているのかということをものラボスタッフが簡単に説明させていただきました。物理がわかる高校生たちには「エネルギー」の概念から理解してもらいました。事前準備で我々が予めつくった装置や本家ピタゴラスイッチのDVDなどを見てもらいながらイメージをふくらませた彼ら高校生は,早速手を動かして思い思いにピタゴラ装置を作っていきます。最終的には各班でつなげて一つの作品にするのですが,我々ものラボスタッフが出る幕もなくなるくらい(?)スムーズに「連結を踏まえて」班で協調して作っていく様子には安心感を覚えました。

昼食後,工場見学なども挟んでからはピタゴラ装置の制作を続行すると同時に,センサーとマイコン(Arduino)を使った仕掛けを作る実習も行われました。電子機械科で勉強している高校生はもとより,機械科その他のみなさんもさくさくと回路を組み上げ,圧力センサーに触れると2段階でLEDが点灯する仕掛けを制作していきました。こうしたセンサーとマイコンを使った仕掛けは実際に小学生にもやってもらう予定なのです。

20日。同じく朝9時から,前日のピタゴラ装置制作を引き継ぎ,完成を目指します。使っていない要素や,前日習ったセンサーをうまく組み込んで,磨きをかけてもらいます。そしてできあがったのがこちら!

IMG_0495.jpg

IMG_0492.jpg

IMG_0497.jpg

各班工夫を凝らしていて,大変よいものができあがったと思います。コンパクトさを目指した班,遊園地をテーマにした班,そして球をサラリーマンに見立て出社の過程を描いた班。どれもユニークで面白い装置です。

高校生たちは「皆で協力して作ることが結構楽しかった」「普段やらないことなので頭を使ったし、今まで考えたことのないアイディアに触れて面白かった」と言ってくれました。これが彼らにとってよい経験となれば私達ものラボスタッフも万々歳です。今度は彼らとともに小学生のピタゴラ装置制作をサポートしていきます。その自覚も彼らには芽生えたようで,かなり有意義なワークショップになったといえます。


以上,高校生ワークショップの様子でした。
posted by ものラボ at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 矢田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。