2015年12月31日

終わりと始まり

こんにちは。宮田です。
ご報告遅くなりましたが、先日12月5日に「ものラボワークショップ in 高山」の第五回・最終回講座が無事終了しました。

このワークショップにおいて、「最終回」というのは、それまでの4回の講座とは少し異なった位置づけにあります。
それは一言で言えば、文字通り「終わり」ということにあります。
どれだけ壮大な構想を頭の中に抱いていたとしても、時間がきたら終わりです。
自分の中では終わっていないといくら主張しても、かなしいかな、終わりは終わりです。

そして私たちは毎年、「どういった終わり方がいいのか」ということに頭を悩ませます。
これといった結論が出るわけではないのですが、2つの「終わり方」を設定することにしています。

一つは「装置を見せること」です。
これは装置自体の終わりに関わるもので、装置を見せるからには、ひとまずは「ピタゴラ装置をスタートからゴールまでつなげて、"通せる"状態に持っていくこと」が目標になります。

もう一つは「装置を説明すること」です。
これは装置自体の終わりというよりは、このワークショップ全体の終わりに関わるものです。
ただ装置を作るだけでなく、何をどう作ったのか、どこを工夫したのか、どこが難しかったのか、といったものづくりの活動内容を「自分以外の人に言葉で説明すること」が課題です。

特に後者の「装置を説明すること」は、ものラボの大きな特徴だと思います。
確かにものを作るという観点からは、装置がきちんと完成すればよいのではありますが、やはり、作りっぱなしで終わらせたくない。
何よりも協同でものづくりを進める上では、きちんと言葉で説明するということはとても大事です。
子どもたちには、きちんと時間をとってワークシートを記入し、発表練習もしてもらった上で、保護者を含めた見学者に対して装置の説明してもらうことにしています。

ものづくりを言葉で説明することは、ワークショップ内にとどまるものではありません。
こんなものづくりをしたんだよ、こんなところが難しかった、ここが面白いんだよね、といった話を楽しく友達や家族に伝えることは、次のものづくりにつながる大事な活動です。
場所や世代を超えて、ものづくりの輪を広げること、ものづくりのレールをつなげること。
今年のワークショップとその後の日常生活で、それが少しでも達成されれば嬉しい限りです。


TakayamaWS-2015-1.jpg
↑全体での記念撮影



実は、私を含めブログを書いているスタッフのうち3名は、今年で高山でのメインスタッフとしての活動が最後でした。
子どもたちのものづくりに真剣に取り組む姿や熱心に関わってくださる保護者の様子から、いいプログラムにしたいと毎年、毎講座、決意を新たにしてきました。このように私たちに期待してくださり、積極的に参加してくださる方々がいるからこそ、ワークショップを継続的に開催することができました。
そして、和井田製作所の方々には、本当にお世話になりました。このような素晴らしいものづくりの機会と場所を提供してくださったことは、感謝してもしきれません。
メンターの方々には、ワークショップのあらゆる面で助けていただきました。どのような状況でも余裕を持って構える姿と、豊かで含蓄のある言葉から、私たちは多くのことを学ぶことができました。
また高校生スタッフ・先生方の多大なサポートなしには、プログラムの成功はなかったでしょう。本当に頼もしく感じました。
そして、岐阜県高山市、教育委員委員会のご協力は、ワークショップの実務的な運営・周知に欠かせない重要なものでした。

ものラボワークショップに関わってくださった皆様にスタッフ一同、感謝しております。
本当にありがとうございました。

私たちはきっとこれからも何かしら「ものづくり」に携わっていきます。
ここで一つの「終わり」を迎えますが、それは同時に「始まり」でもあります。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

それでは、皆様よいお年を。


2015年の終わりに
宮田

posted by ものラボ at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 宮田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月01日

「うまい」ってなんだろう?

飛騨高山は酒がうまい。

高山でのワークショップが終わった後、帰りのバスが来るまでの少しの間、ふらっと酒蔵をのぞいて、いろんな日本酒を飲み比べたりお土産を選んだりするのが、実はひそかな楽しみです。

スタッフの間では、なんといっても銘酒「氷室」が不動の人気を誇っているのですが、他にも無視ならぬ無飲できない魅力的なお酒がひしめいているのも事実です。第3回講座の後なんかは(私はいなかったのですが…)、「山車の辛口がいい」との見解が一致をみたらしく、スタッフ何名かにより栄えある高山土産に選ばれたとのこと。

そんな話を聞いた後には、じゃあ自分も氷室以外に何か別のを買ってみようかという気持ちになってしまうから不思議なものです。悔しいことに図らずも冒険心と購買意欲が刺激されてしまったようです。
そして、今回たまたま私の目にとまったのは「白真弓」という名前のお酒でした。ちょっと奮発して、純米大吟醸を選びました。

さっそく家に帰って飲んでみるとこれがなかなかの正解で、うまいッ、と思わず一人で唸ってしまいました。

とその後、「うまい」ってなんだろう、とじくじくと考えはじめてしまったのですが、何とも言葉にできません。
私自身はお酒に詳しくありませんし、これまでいろんな種類を飲んできたわけではありませんが、やっぱり「うまいの」と「そうでもないの」があります(ここで、一般に「うまい」ものと自分が「うまい」と感じるものは分けて考えないといけませんが、とりあえず大雑把に話します)。日本酒を飲んだ時、人は、あるいは自分は何を感じとって、そう判断するのでしょうか。

ぴりっとしたとか、フルーティとか、芳醇な香りとか、日本酒の特徴を形容する言葉はたくさんありますし、酸度や日本酒度などそれなりに数値化できる指標と、それに対応した辛口・甘口、濃醇・淡麗といった分類基準もあります。また周りの人が日本酒を飲んだ後にどんな言葉を発していたかを振り返ると、例えば、後に残る・残らない、鼻にふわっとくる、すっきりした、味がしっかりしてる、などなど、いろんな評価の言葉が浮かびます。

でも、そういった言葉で「うまく」言い表したからと言って、「うまい」の全容を捉えきれるわけではありません。そういった言葉ではめ込もうとするそばから、「うまい」はするすると逃げていってしまいます。

さて、そんなことを考えているうちに思い出したのが、前に読んだ『純米酒を極める』(2011年、光文社)という本です。その中で、著者の上原浩さんが、お酒は「官能で味わう」というような表現を使っていたのが印象に残っています。アルコール度数やアミノ酸量など含有物の正確な測定について言えば、人間の舌より、機械的なセンサーの方が長けているともいえます。でも、お酒を舌の上に転がした時に感じ取れるものは、機械的に取得できる情報にとどまりません。

数多くの酒蔵の醸造指導にあたり、品評会の審査員としても活躍し、日本酒をいわば分析的に知り尽くした人が、それでもやっぱり官能で味わわなければならない、という言葉で語ろうとしたことは、外面的に測定できる範囲を越えていて現段階では言葉で言い表すことができないけれど、しかし確かにそこにあるはずの豊かな世界に対する、センス=謙虚さのことなのかもしれません。誰よりも日本酒を知悉した「舌」を武器に、各方面を平然とこき下ろす上原さんの文章テイストはもはや「毒舌」といってよく、一見して謙虚さからは程遠いのですが・・・これも、お酒のうまさに対する際立って誠実な態度の裏返しなのかもしれません。

ようやく、思いがけず、そして半分無理やりセンサーに話が結び付けられそうなところで、高山ワークショップ第4回講座「センサーってなんだろう?」の話をしようと思ったのですが、今日はここまでにします。

とりあえず作った回路の写真だけ載せておきますね。。
IMG_1556.jpg

今回の講座の根っこにある問題関心についてそれなりに話したいこともあるのですが、それはまたいずれということにします。
まずは皆さんもぜひ考えてみてください。

「うまい」ってなんだろう?
センサーってなんだろう?


宮田
posted by ものラボ at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 宮田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月04日

ものラボワークショップ in 高山(2015秋冬)

お久しぶりです。
宮田です。

このところ更新がとまっておりましたが、ものラボの活動は続いております。

そして、今年もやります。
「ものラボワークショップ in 高山」
※例年通り、高山市の小学校でのみ参加者を募集しております。あらかじめご了承ください。


チラシも完成しました。できたてほやほやです。

2015takayama_omote.png
2015takayama_ura.png

ホバーディスク、3Dプリンター、ピタゴラ装置、センサー(電子工作)・・・
今年も気づいたら盛りだくさんになってしまいました(笑)
一見、様々なものづくりをとにかく詰め込んだように見えますが(まあそれは否定できないのですが…)、どの講座も共通して、「ものを作る」というのはどういうことなのか、というシンプルな問いのもとで構成されています(きっと)。
そしてこの「ものを作る」といったとき、道具を使って素材を加工していくといった物理的な操作だけでなく、周りの人と共同で分担・協力しながら構想を具現化していくという過程にも重点を置いています。

実のところ、ものづくりそのものとしては、それほど高度なことはしませんし、何よりもスタッフの「ものづくり力」もまだまだ足りていません。
いわゆる「理系」的な技術勝負をするのではなく(※もちろん理系が常に技術勝負というわけでは全くありません、念のため)、むしろ、ものづくりという行為自体やその社会的位置づけへの問い直しのきっかけを与える場を提供できないかと模索中です。
そしてそれは、工学系ではなく教育学・人文学の分野から生まれ、こうして多くの方の協力を得ながら継続的に活動を続けているものラボだからこそできるのではないかと思います。
「文系」の学問の意義が良くも悪くも問われている今、ものラボでできること、そしてものラボでしかできないことはなんだろう、ということを常に問いながら、プログラムを進めていくつもりです。

それでは皆さんと一緒にものづくりできる日を楽しみにしています。


宮田

posted by ものラボ at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 宮田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月11日

高山WS最終回!終わりなきものづくり

宮田です。

先週12/6に、「ものラボワークショップ in 高山」の第5回(最終回)講座が終了しました。

Takayama-20141206-2.JPG
Takayama-20141206-3.JPG

最終回は、「オリジナルの装置を完成させよう!」という講座名の通り、これまで継続的に作ってきたピタゴラ装置を「完成」させることが目標でした。
これまで何度かブログでも書いてきたように、「完成」というのが何を指すのかは難しく、自分が「これで完成だ!」と満足すればそれでよいかといえば、どうやら違う感じはするけれど、じゃあ客観的に何をもって完成とみなすかと考えだすと、それはそれでキリがなくなります。

でも、やっぱり「完成」した装置と「未完成」の装置は、それなりにはっきり区別はできるし、何かしら基準もありそうです。
ピタゴラ装置の場合は、スタート地点、ゴール地点、中継地点を(うまくいくかは別にして)途切れなく繋ぐ、というのが最低限の完成の基準だと考えられます。

そう考えると、今回のワークショップでも何とか全員の装置が「完成」したといってよいでしょう。最後まで粘り強く作業に取り組み、全員「完成」にまで辿りつけたことは、非常に良かったです。


それでは、今回の装置は「成功」したのでしょうか?
最後の発表会の時、各班3回ずつ自分たちの装置を実演する機会がありました。
スタートからゴールまで球を一度も途切れなく通すことができた班は、(私の知る限りでは)今回はありませんでした。
非常に惜しい班もありましたが、やはり、装置内の各パーツのつなぎの箇所で球が止まってしまうことが多く、何度か「救いの手」を差し伸べないと最後まで通すことができませんでした。

もちろん、これは悪いことではありませんし、そもそも限られた時間の中で高い精度を要求することは難しい話です(私たちが作る見本の装置だって、実演の時はいつも「失敗」します)。ワークショップのプログラム編成のあり方をまず反省すべきです。

むしろ、これをきっかけに、ものづくりにおいて、「なんとなく完成」させることと「きちんと完成(成功)」させることの隔たりに目を向けてもらえたかな、と。
とりあえず形を完成させてから、装置を通して成功させるまでに、思った以上の時間と労力がかかるということが、少しでも感じてもらえたのではないかと思います。

少し厳しめの感想になってしまいましたが、私たちが本当に嬉しいのは、その場限りのワークショップで満足してもらうことよりも、これをきっかけに持続的にものづくりに関わり続けてもらうことです。

今回のワークショップも、高山市、高山市教育委員会、高山工業高校の学生スタッフ・先生方、メンターの皆さま、保護者の皆さまには多大なご協力をいただきました。そして、和井田製作所の皆さまに何から何まで本当にお世話になりました。本当にありがとうございました。

これだけの恵まれた環境の中で、私たちも継続的にものづくりに関わることができることを感謝しつつ、次の世代にもものづくりの面白さを伝えていくことに、これからも少しでも貢献していければと思います。

Takayama-20141206-4.JPG

さて近日中に、他のスタッフも報告ブログを書いてくれる予定です。
乞うご期待。


(補足)
私は、今年のワークショップでは、3〜5回目にセンサー(電子工作)の講座・指導を担当しました。
今回のワークショップで使った装置・部品等を、参加者の皆さんでも揃えることができるように、リストアップしておきます。ご興味のある方は、ネット等で探してみてください(できる限り今後リンクを追加していこうと思います)。

基盤&センサー&その他部品
- Arduino Leonardo
※Arduino Unoでもいい
- ブレッドボード(大・小)
- マイクロBタイプのUSB
- 圧力センサー(FSR402など)
- 温度センサー(LM35DZなど)
- 光センサー(Cdsセル)
- 距離センサー
- ブザー/圧電スピーカー/圧電サウンダ(SPT08など)
- サーボモーター(RB50bなど)
- 電池
- 電池コネクタ
- LED
- ジャンパーワイヤー
- 抵抗いろいろ(1k、10k)
- 延長ワイヤーケーブル
- クリップケーブル

工具類
- ワイヤーストリッパー(P960)
- ペンチ

posted by ものラボ at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 宮田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月14日

部分と全体

宮田です。

11/8(土)に開催された「ものラボワークショップ in 高山」の第三回の講座「簡単?おどろき?センサーのレシピ」は無事終了しました。

<準備>
昨年のワークショップで、思い切って電子工作・センサーを取り入れたところ、思った以上に興味を持ってもらえたので、今年はさらに拡大して2人に1セットの電子工作キットを準備しました。既存の電子工作キットを使わずに、ワークショップ用に一つ一つ選定して揃えました。
今年もArduinoというマイコンを使用しましたが、最近一層ブームになり、10個近く仕入れるのはなかなか骨が折れました。また青色LEDの在庫だけ少なく、早速今年のノーベル賞の影響を感じました。何度も秋葉原に買い出しに行き、足りない部品はネットで買い付け、何とか全員分のキットを揃えることができました。


<当日の様子>
今年も昨年と同じく、圧力センサーを押すと、LEDライトが1つ点灯する装置を作ってもらうことにしました。非常に簡単な仕組みですが、入力(実世界の感覚情報を受け取る)・データ処理(情報をデータとして処理する)・出力(再び実世界に何かを返す)の一連の流れを掴むことができます。

3-1.JPG
↑見本で作った装置

3-2.JPG
↑装置の説明中

今回の参加者は、予想を大幅に上回る勢いで電子部品を組み上げていき、念の為準備していた応用コース(より強く押すと、もう1つ別のLEDが光る装置)までみんな終わらせてしまい、時間が余ってしまいました。

3-3.JPG
↑真剣に取り組んでいます

3-4.JPG
↑参加者が作った装置(複数のLEDが使われています)

そこで急遽、マイコンに書き込むプログラム(Arduinoでは「スケッチ」といいます)の紹介をすることにしました。圧力センサーの「閾値(しきいち)」の話まで踏み込んで、どういう仕組みで装置が動いているかを説明しましたが、ちょっと難しい用語も多くわかりにくかったかもしれません。もう少し準備すればよかったと反省です。

arduino-sketch.png
↑あらかじめ準備しておいたスケッチ(一部値を修正)

3-5.jpg
↑めでたく全員分(今回は参加者20名なので10個)の装置が完成しました!


<次回に向けて>
さて、次回以降、今回作った装置を改良してピタゴラ装置に組み入れていきます。
入力として、圧力センサー以外に、光センサーや距離センサーを、出力として、LED以外に、サウンダー(ブザー)やサーボモーターを準備しています。
第三回の講座では、「実際に手を動かすこと」を重視し、見本を真似ることに集中してもらいました。しかし、次回からは新しい部品を使って、独自の装置を作ることになります。そこではやみくもに手を動かすのではなく、「設計すること」が求められます。

arduino.jpg
↑設計のための電子部品イラストも作ってあります!

この時、鍵となるのは先ほども述べたように、「入力」「データ処理」「出力」の3層に切り分けて、それぞれについて設計を進めることです。いきなり同時並行で全てに取り組もうとするのではなく、細かい部分に分解して、一つ一つのパーツを確実に作動させていくことが肝心です。一方で、最終的には一つの機構としてまとめなければならないので、全体像を見失わないようにしなければなりません。

全体を見渡しながら、部分を詰めていくこと


電子工作に限らず、ピタゴラ装置の完成に向けた、次回以降の課題になりそうです。

宮田

posted by ものラボ at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 宮田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。