2015年10月24日

2015高山ワークショップ第1回!

皆様お久しぶりです。なんとまぁ昨年12月ぶりの武井です。
月日の流れは速いですねぇ。
2週間なんてあっという間なのも頷けますねぇ………すみません!今回の記事は2週間前に行われた高山ワークショップ第1回のものです。
ε三ヽ__〇ノ… _1 ̄1○ 申し訳ないっ

さて、今回のワークショップでは計4班を2つに分け、科学実験としてホバーディスクを作る2つの班と3DCADを体験する2つの班でそれぞれ活動を行いました。
高山ワークショップでは毎年科学実験を取り入れていますが、これまではヒコーキや空気砲を作り、今回はホバーディスクを作り、と実は年による内容の変化が最も大きいトピックです。
高山市の小学生を対象にしたワークショップが始まってから今年で4年目となり、ある程度内容が固まってきた面もある中で、このような毎年変化する部分の存在は僕らスタッフにとってもマンネリに陥らないための良い刺激となっているように思います。
スタッフで試行錯誤しながら試作を行い、出来たホバーディスクを使うゲームを考え、ゲームのルールを決め、と準備を重ねたのですが、果たして当日子供たちが楽しんでくれるだろうかというドキドキは毎年同じように感じます。

ドキドキと言えば、僕は今年初めて保護者の方の前で科学実験の内容をご紹介するという役割を担いました。子供たちには説明しない、ホバーディスクがなぜ浮かんで動くのかという原理的な背景をご紹介し、また、保護者の方にも実際にホバーディスクを制作して頂きました。
これを行った理由としては、子供たちが高山ワークショップでする体験を土曜午前の3時間だけに留めるのではなく、なるべく広がりを持たせたいという僕らの願いがあります。
帰宅後に、どうしてこれは動くのだろうという疑問を口にすることがあった時には、保護者の方が簡単に説明をして、子供たちの中で体験と知識が繋がったら良いなと思います。
あるいは、保護者の方も実際にホバーディスクの制作を体験したことで、子供たちが話すワークショップの様子がより具体的に思い浮かび、会話が弾む後押しになれば良いなと思います。
ワークショップ会場での3時間の体験が、子供たちにとってより大きな意味を持てば、「ひとづくり」も活動理念に掲げるものラボとしては嬉しい限りです。
実際のところ、僕の拙い説明でこのような目的の達成にどこまで貢献できたかは甚だ心許ないのですが、ほんの僅かでも役に立てていればいいなとを思っています。

僕が次に参加するのは第3回。
なんでもこの頃は紅葉が見頃だとかいうので実はそちらもちょっと楽しみにしています(^^)

それではまた〜


武井

posted by ものラボ at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 武井 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。