2014年11月24日

高山WS2014 第4回!

11/22,高山WSの第4回が行われました。
その模様を矢田がお送りします。

今回は,第2回までに子どもたちが作ったピタゴラ装置の「パーツ」と,第3回に導入があった「センサー」を組み合わせ,各班でピタゴラ「装置」を作っていく,という内容でした。

というわけでテーマは「つなぎ」です。

いままで一人ひとりの子どもたちが作ったパーツは,それ自体で完結しているものの,ちっぽけなものです。しかしそれぞれがいわば「入力」と「出力」を備えていて,個々のパーツはお互いにつなげることができます。そうして大きくしていったものが,本ワークショップでピタゴラ「装置」と呼んでいるものなのです。

多くのパーツは,基本的に上から下へと球(ビー玉や鉄球,スーパーボールも使われます)が転がり落ちていき,その過程で何かの一工夫がされて,パーツの外へと球が転がり出る,という仕組みのものです。

P1020709.JPG


じゃあこれらのパーツをそのままつないでいけばいいかというと,そうは行きません。上から下へと落ちるだけでは,高さが足りなくなってしまうからです。それに,なんだか味気ないですね。そして各班に与えられた領域は,大きめの机。この平面を有効に活用するには,横の動きもうまく取り入れたいところ。

そこで「つなぎ」を実現するために,私達スタッフがサンプルを用意しました。

mihon.JPG

mihon2.JPG


一方,前回扱った「センサー」も取り入れると,さらにつなぎの幅が広がります。今回,センサーは入力と出力をパワーアップ!

sencer.JPG


  • 入力
    • 圧力センサー(前回も導入)
    • 光センサー
    • 距離センサー

  • 出力
    • LED(前回も導入)
    • サーボモーター
    • ブザー


これにより,球が転がって明かりを遮ることによって,モーターが踏切を開ける,といったような仕組みを組み込むことができます。夢が広がりますね。最近の子どもたちはデジタル・ネイティブなだけあって,電子工作の飲み込みが速い。

子どもたちはいろいろなお手本を参考にしながら,自分たちの作ったパーツを他の班員のパーツとどうやったらうまくつなげられるかを思案していました。あまりそれに熱中するので,途中設けられた工場見学の時間が早く切り上げられるほどに。

しかし実際のところは,つなぎというのはとてもむずかしいものです。前のパーツから出てくる球が,うまくつなぎの入り口に入らなかったりするのです。そこらへんを高校生スタッフたちがやさしく手助けしながら,そして私達ものラボスタッフが全体のつながりを吟味しながら,子どもたちが「ものづくり」に熱中する,それが本日の構図でした。

班によって進捗の差があるものの,概ねいいところまで行っているようです。いよいよ次回,ピタゴラ「装置」が完成を迎えます。ご家族のみなさま,お子さんの成し遂げた達成を見届けにいらしてください。


最後にこの日の反省点を。
実はさきほど,子どもたちはものづくりに熱中していた,と書きましたが,一部のお子さんの中には制作に飽きてしまって他の遊びに興じてしまうという場面がありました。彼らのモチベーションをどのように引き出し,面白い装置の制作に取り組んでもらうか,そしてそれを面白いと思ってもらうか(循環的な表現ですが)。それが私達ものラボスタッフおよび高校生スタッフに課せられた今年度最後のミッションになるでしょう。一方で,どうしてもものづくりに興味がわかない子もいます。人間とは「工作する人(ホモ・ファーベル)」だ,と言ったのはフランスの哲学者ベルクソンでしたが,どちらかといえばより本質を突いていると思えるのはオランダの哲学者ホイジンガによる定義:「遊ぶ人(ホモ・ルーデンス)」でしょう。「遊び」と「工作」が一致するかどうかはその人の個性次第です。もしもこのワークショップで,ものづくりを熱中できるほどには面白がれない子どもたちを相手にしたとき,何を伝えられるか。ここにもう一つの課題があります。
ものラボが子どもたちに紹介している3DプリンターやArduinoによる電子工作は,昨今「パーソナル・ファブリケーション」と呼ばれて久しい「だれでも個人レベルで安価にかつ簡単にできるものづくり」の代表例です。近代以前,生産は個人あるいは家族・集落の手にありました。ところが近代以降,生産という業が個人の手から資本家の手へと移譲され,資本家の有する生産工場のもとで個人が労働者として労働力を供給するという構図により,労働者は自らの手で生産する手段を奪われ,既成品の消費による経済の回転を強要された,という見方があります。そうした視座から見ると,「パーソナル・ファブリケーション」は個人が生産をその手に取り戻す時代の到来を意味します。そしてこのような個人レベルでの生産は,インターネットそのもののインフラとしての効果はさることながら,PayPalといった個人レベルでの電子決済システムの普及によって一層浸透していき,今や手作りの製品の販売で生計を立てる人はめずらしくなくなりつつあります。株式の基本理念をネイティブな方向に拡張したクラウドファンディングといった新しい資金獲得手法で,面白いモノが製品化されるのも普通になってきました。
そのようなものづくり社会の到来を前にして,ものづくりそのものやものづくりする人への理解を,たとえものづくりに興味がない人でも持つことは重要です。人となりの見える個人レベルでのモノの売り買いは,そういう温かな理解なくしては心地よくない,ということが想像できるでしょうか。大企業の既成品・サービスに遠慮無く辛辣なクレームを力いっぱい投げつける人たちに欠如しているのはそれで,そして近代以降の大量生産の仕組みがそのような理解を人間から奪ったとはいえないでしょうか。少し前まで,生産のようすは消費者からはよく見えませんでしたが,いまは状況が少し違いますね。
さぁ,残すところあと1回のワークショップ。力を試されているのは子どもたちばかりでなく,私達の側も,ということです。

posted by ものラボ at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 矢田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月14日

部分と全体

宮田です。

11/8(土)に開催された「ものラボワークショップ in 高山」の第三回の講座「簡単?おどろき?センサーのレシピ」は無事終了しました。

<準備>
昨年のワークショップで、思い切って電子工作・センサーを取り入れたところ、思った以上に興味を持ってもらえたので、今年はさらに拡大して2人に1セットの電子工作キットを準備しました。既存の電子工作キットを使わずに、ワークショップ用に一つ一つ選定して揃えました。
今年もArduinoというマイコンを使用しましたが、最近一層ブームになり、10個近く仕入れるのはなかなか骨が折れました。また青色LEDの在庫だけ少なく、早速今年のノーベル賞の影響を感じました。何度も秋葉原に買い出しに行き、足りない部品はネットで買い付け、何とか全員分のキットを揃えることができました。


<当日の様子>
今年も昨年と同じく、圧力センサーを押すと、LEDライトが1つ点灯する装置を作ってもらうことにしました。非常に簡単な仕組みですが、入力(実世界の感覚情報を受け取る)・データ処理(情報をデータとして処理する)・出力(再び実世界に何かを返す)の一連の流れを掴むことができます。

3-1.JPG
↑見本で作った装置

3-2.JPG
↑装置の説明中

今回の参加者は、予想を大幅に上回る勢いで電子部品を組み上げていき、念の為準備していた応用コース(より強く押すと、もう1つ別のLEDが光る装置)までみんな終わらせてしまい、時間が余ってしまいました。

3-3.JPG
↑真剣に取り組んでいます

3-4.JPG
↑参加者が作った装置(複数のLEDが使われています)

そこで急遽、マイコンに書き込むプログラム(Arduinoでは「スケッチ」といいます)の紹介をすることにしました。圧力センサーの「閾値(しきいち)」の話まで踏み込んで、どういう仕組みで装置が動いているかを説明しましたが、ちょっと難しい用語も多くわかりにくかったかもしれません。もう少し準備すればよかったと反省です。

arduino-sketch.png
↑あらかじめ準備しておいたスケッチ(一部値を修正)

3-5.jpg
↑めでたく全員分(今回は参加者20名なので10個)の装置が完成しました!


<次回に向けて>
さて、次回以降、今回作った装置を改良してピタゴラ装置に組み入れていきます。
入力として、圧力センサー以外に、光センサーや距離センサーを、出力として、LED以外に、サウンダー(ブザー)やサーボモーターを準備しています。
第三回の講座では、「実際に手を動かすこと」を重視し、見本を真似ることに集中してもらいました。しかし、次回からは新しい部品を使って、独自の装置を作ることになります。そこではやみくもに手を動かすのではなく、「設計すること」が求められます。

arduino.jpg
↑設計のための電子部品イラストも作ってあります!

この時、鍵となるのは先ほども述べたように、「入力」「データ処理」「出力」の3層に切り分けて、それぞれについて設計を進めることです。いきなり同時並行で全てに取り組もうとするのではなく、細かい部分に分解して、一つ一つのパーツを確実に作動させていくことが肝心です。一方で、最終的には一つの機構としてまとめなければならないので、全体像を見失わないようにしなければなりません。

全体を見渡しながら、部分を詰めていくこと


電子工作に限らず、ピタゴラ装置の完成に向けた、次回以降の課題になりそうです。

宮田

posted by ものラボ at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 宮田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。